■「やさしい日本語」は何を目指すのか  多文化共生社会を実現するために

著者名=庵功雄,イヨンスク,森篤嗣(編)
出版社=ココ出版
ISBN-13: 978-4904595381
価格=2400円+税
書籍概要=「やさしい日本語」は,特に20年前の阪神大震災から注目されるようになった。日本国内の外国人は増加を続けていて,日本の社会はいやおうなく多文化共生社会に変質しつつある。「やさしい日本語」は,補償教育の対象/地域社会における共通言語/地域型初級の対象の3つの側面において普及が急がれている。
日本語母語話者もごく自然に「やさしい日本語」を話し、非母語話者の日本語がごく自然に受け入れられるような、成熟した多文化共生社会への道筋が見える。

興味をお持ちの方は表紙の画像をクリックしてください。