■「共に生きる」をデザインするグローバル教育 教材と活用ハンドブック

監修:NPO法人全国国際教育協会
出版社: メディア総合研究所
ISBN-13: 978-4944124541
定価:1900円+税

日本は、もはや国際社会から離れては存在できない。

国際社会、とくにこれから世界の人口増加の中心となる開発途上国と共に生きる手法や考え方を学ぶことが不可欠で、本書はそのための教材として、主に学校の教科用に作られ、学習者のための教科書ではなく、指導者のための教材として編集されたものである。
ここにある教育手法は参加型の学習である。知識学習というよりも、態度・行動学習だといえる。

ただ遠い世界の問題に関する知識を得ることだけではない。グローバル教育は次のような内容を含む。
第1に、地球社会の課題をテーマとしながら、日常生活のあり方に関連させた教育学習である。

第2に、異なった価値観や文化・言語を持つ人々への共感とコミュニケーション、「違い」を受け入れる寛容性といった態度変容につながる教育学習である。

第3に、個人が参加できる国際協力といった、より実践的な志向を促進する教育学習である。そのための具体的な指導方法が体系的に紹介されている。

手法について述べられた第1部に続いて、第2部では授業実践例と教材が紹介されている。抽象的なグローバル人材育成ではなく、身近な問題をとらえ、皆で考えるという姿勢がモチーフとなっている。学校用ではあるが、これを応用して企業人材育成、日本語授業展開の素材としても活用できる内容が満載されている。

興味をお持ちの方は表紙の画像をクリックまたは、下記リンクからお願いします。

http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-944124-54-1.html