■規制の虜  グループシンクが日本を滅ぼす

2011年11月,国会に福島原発事故の調査委員会が設けられた。著者黒川清はその委員長。 
【第1部】ドキュメント メイキング・オブ・国会事故調 
【第2部】3・11が浮かびあがらせた日本の「病巣」 
第1部では,国会事故調の経緯を紹介している。
第2部では,世界的な大事故の遠因となった『規制の虜(とりこ)』を克服する道についての著者の考えが語られる。
『規制の虜』とは,政府の規制機関が規制される側の勢力に取り込まれ,支配される状況を指す経済用語。
『規制の虜』は政府の失敗を意味する。
国会事故調の報告書は,規制当局は電気事業者の虜になっていたと結論づけた。
事故から5年を経て,川内原発などが稼働し始めている。
しかし,事故調で明らかにされた問題点は依然として克服されていない。

書籍名=規制の虜  グループシンクが日本を滅ぼす
著者名=黒川清
出版社=講談社
ISBN= 9784062198820 
価格=1700円+税

興味をお持ちの方は上記の表紙画像をクリックしてください。