■崖っぷちの国家 日本の決断

集団的自衛権の行使、原発再稼働、特定秘密保護法の施行、格差社会の推進……。
日本の大きな進路変更を目論む安倍政権の暴走で、まさに「崖っぷち」に立たされた日本。
この日本社会を覆う不安は何か?

元外務省国際情報局長の孫崎享とニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラーが、
真実を伝えない日本のメディア、安倍外交の脅威、沖縄独立からジャパン・ハンドラーズまで、
国民が知らない不都合な真実を明かす。
20万部超のベストセラー『戦後史の正体』の著者孫崎享と、2012年ピュリッツアー賞最終候補の世界的ジャーナリスト、マーティン・ファクラーによる渾身の大型対論。

第1章 真実を伝えない日本のメディア
第2章 日米・既得権益勢力の策謀
第3章 戦争参加への道を拓く安倍外交の正体
第4章 日本を崩壊させる安倍政権の行方
第5章 沖縄の独立から始まる日本政治の胎動
第6章 日本に求められる「平和国家」の役割

  • 著者:孫崎享,マーティン・ファクラー
  • 出版社: 日本文芸社
  • 価格: 1500円+税
  • ISBN-13: 978-4537261103
  • 発売日: 2015/2/18
  • 興味をお持ちの方は上記及び下記の表紙画像をクリックしてください。