■1-2(ロシア)日露青年交流センター 専任講師 2022-03-31締切

学校名・会社名 日露青年交流センター
URL https://www.jrex.or.jp/
学校・会社所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋一丁目17-14
西新橋エクセルアネックス7階
勤務地(校舎名・住所) ロシア各地の大学
雇用形態 専任講師
採用募集人数 修士号取得(予定)者:数名
学士号取得(予定)者:2、3名程度
勤務開始時期 2022年9月
勤務時間 大学による
業務内容・担当授業
給与・待遇・交通費・福利厚生 新規に派遣される日本語教師への支援内容は次のとおりです。支援対象は派遣教師
本人のみとし、家族の帯同は認められません。
(1)滞在費
外国滞在費:(ロシア滞在の期間中)月額16万円
任地滞在中の衣食住に関わる費用、日本語教育・青年交流・文化交流活動に   関わる費用を賄います。任地により、加算されることがあります。
その他、活動に関わる費用:規定により支給
※任地に渡航することが原則ですが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、やむを得ず本邦からオンライン授業を行う場合、外国滞在費は支給されませんが、「活動補助費」を支給します。なお、オンライン授業に必要な機材(PC、ウェブカメラ、WiFi等)は原則として各自でご準備いただきます。
(2)交通費(日本/ロシア間国際線往復航空券を含む任地までの往復交通費の負担)
(3)渡航ビザの取得
(4)海外旅行傷害保険への加入
(5)赴任前研修
(6)健康診断費用
(7)予防接種費用
応募資格・条件 以下のすべての条件を満たすこと。
(1) 日本国籍を有する方
(2) ロシアで日本語を教えるとともに日露青年交流を活性化させる意欲を有する方
(3) (令和4年3月末時点で)22~40歳の方。なお、修士以上が望ましい。
*ロシアの一部大学では学士以上で可。
(4) (令和4年3月末時点で)以下のいずれかの条件を満たす方
① 大学の主専攻または副専攻で日本語教育を学んだ方
② 日本語教師養成講座(420時間以上)を修了した方
③ 日本語教育能力検定試験に合格した方
*(3)(4)とも、選考試験合格後、修了(卒業)証明書(原本)の提出を
求めます。
(5) 日常生活に支障をきたさない程度の英語力又はロシア語力を有する方
(6) 海外勤務に耐えうる心身ともに健康な方
(7) 10か月間の任期を全うできる方
(8) 赴任前研修(下記11.参照)を全期間・全課程受けられる方
(9)日本から赴任できる方(ビザ取得の都合上)
(10)環境の厳しい地方都市への赴任を厭わない方
*冬季には外気温が-40℃以下まで下がる地域もあります。また、電気や温水の
供給が一時的に止まることもあります。
*ロシア語能力もしくは日本語教授経験がある方は、考慮されます。
*過去に当事業に参加されたことがある方も応募できます。
採用方法 書類選考後、選考試験(オンライン)を行います。
応募方法 以下の提出書類を郵送してください。
(1) 提出書類
① 所定の応募申請書(履歴書)
市販のものは不可。 別紙応募申請書に写真貼付のこと。
応募申請書には、読みやすい文字で必ずEメールアドレスをご記入ください。Eメールは、当センター担当者からのメールおよび添付ファイルが受け取れるよう設定してください。
② 上記7.(4)の該当項目の証明書(コピー)
③ 上記7.(3)(4)につき、3月末時点で修了(卒業)見込みの方は、該当
項目の見込証明書(原本)(2) 宛先
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目17-14
西新橋エクセルアネックス7階
日露青年交流センター 日本語教師派遣事業係
(Tel)03-3509-6001 (Fax)03-3509-6008
応募先・採用ご担当者 お名前:清水美加
メールアドレス:shimizu@jrex.or.jp
応募書類送付先住所:〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目17-14 西新橋エクセルアネックス7階
電話番号(半角):03-3509-6001
応募締め切り 2022-03-31
応募される方へひと言 当センターHPから募集案内をご確認の上、ご応募ください。
参考画像 null